みなさん山田羽書をご存知でしょうか?
日本のお金の歴史に詳しい方であれば知っているかもしれませんが、
あまり一般的に知られているものではありません。

今回はそんな山田羽書について触れていきます。

山田羽書(やまだはがき)とは

色々な種類の紙幣
日本最古の紙幣と言われているもので、
伊勢の山田(現在の三重県)が発祥の地になります。

当時、伊勢の山田の商人たちがお金の代わりに、
金額を書いた紙を発行してそれを預かり手形としました。

最初は山田の商人たちがグループ内での取引に使ったそうですが、
だんだんと規模が大きくなりました。

最初に発行されたと言われる1610年から時を経て、
1742年には発行者は約400人に上り、
銀1匁と交換できる山田羽書だけでも130万枚出回ったと言われています。

ちなみに山田羽書の登場は、世界的に紙幣の流通では中国の「交子」に次いで
二番目と言われています。

山田羽書はどうしてなくなったの?

やぶれた1ドル
山田羽書は山田奉行に管理されるまでになり公に認められたものになりましたが、
1871年に藩札処分(はんさいしょぶん)によって、
日本全国のお金が統一化されたのと同時に使われなくなったと言われています。

最初に発行されたと言われる1610年から実に260年以上の歳月を
日本文化とともに歩んだ紙幣ですが、
幕切れはなんともあっけなく切なさを感じます。

ですが、ご覧いただいたとおり日本最古の紙幣というだけあり、
古銭としてのプレミア価値は期待できそうな印象です。

山田羽書の古銭としての価値

日本最古の紙幣と言われるだけあり山田羽書となると、
歴史的展示物という色がつよくコレクターが欲しがる古銭とはちょっと意味合いが異なってしまいます。

そもそも古銭のコレクターが好むものと言えば、50円玉の真ん中にある穴が少しずれているなどの、
いわゆるエラーコインと呼ばれるものや、紙幣の印字ミスや断裁ミスによるエラー紙幣です。

エラー紙幣はコレクターがのどから手が出るほど欲しがりますので価値が跳ね上がります。

ですが、古銭に関しては素人判断は禁物ですので、
一度査定してもらうとすっきりするのではないでしょうか。

宅配での査定もあれば出張での査定もあり、
持ち主さんがわざわざ手間をかけないでも査定が可能な時代です。

古物の価値を査定する番組で有名なお宝鑑定団で鑑定してもらうようなドキドキ感も味わえるので、
箪笥の奥にしまっているだけであれば一度査定してみてはいかがでしょうか。