旧500円玉・旧500円札、500円記念硬貨の価値や買取価格

実家を片付けていたり遺品整理をした際に、旧500円玉・旧500円札、500円記念硬貨が出て来たことはありませんか?

価値があるなら売りたいけど、どのサイトを見ても額面上の金額にしかならないって書いてあるし、500円として普通に支払えてもコンビニやスーパーでは使い辛いし。
時間のあるときに銀行で換金して貰おうかな…。

そんなふうに考えている方も多いのではないでしょうか。

ちょっと待って下さい!

確かに希少価値が低いと言われるそれらの旧貨幣・記念硬貨ですが、なかには額面以上の買取額となるケースもあります。

だからと言って「もっと価値が上がるまで保管しておこう」というのも勿体ない!

実はいま、2019年に予定されている改元や2020年のオリンピックを契機に、旧硬貨・旧紙幣や記念硬貨の価値が高騰しています。

新貨幣の誕生を前に、これまで発行された硬貨・紙幣を集めようとする方が増加、昔のお金への注目が集まっているためです。

このページでは、記念硬貨のなかで身近な金額であり、旧硬貨・旧紙幣のなかでも近年まで流通していた500円という金額に的を絞り、その価値や買取価格へ迫ります。

これまで旧500円貨幣や500円記念硬貨に価値を期待していなかった方も、プレミアの付く条件や、同時期に製造された貨幣で高額な買取が期待できるものも一緒にご紹介いたします。

旧貨幣や記念硬貨をお持ちの方は是非ご参考ください。


額面以上に取引できる、旧貨幣と記念硬貨の価値

旧500円硬貨の価値・買取価格

旧500円玉

旧500円玉は昭和57年(1982年)から平成11年(1999年)の17年間にかけて製造された硬貨で、その希少性は年号によって決まります。

買取価格が額面を上回る可能性のあるものは、発行枚数が少ない下記の2年。

  • 昭和62年(1987年)=277万枚
  • 昭和64年(1989年)=1,604万枚

この2年のうち、確実に額面以上が期待できるのは昭和62年硬貨です。
使用感のあるもので800円、未使用だと1,000円を超えることもあるようです。

一方の昭和64年硬貨は、一部のサイトで「昭和64年が7日間しかなかったため希少価値が高い」と言われていますが、平成と彫られた金型が完成するまでの3ヶ月間、昭和64年の型が引き続き使用されていたため、その取引額は600円程度にしかなりません。

但し、今上陛下(現在の天皇)が生前退位し2019年に改元される事が現実味を帯びた今、平成最後の硬貨と合わせ、昭和最後の旧500円玉としてその価値も見直される可能性はあります。

双方とも発行枚数が少ない硬貨であることに違いはありませんので、お持ちの旧500円玉に該当するものがあれば買取専門業者へ相談してみて下さい。

豆知識【なぜ昭和62年は発行枚数が少ないの?】

旧500円玉は昭和57年から3年間で約10億枚つくられ、旧500円札を凌ぐ枚数であったと言われます。
そのため昭和60年から製造を減少、昭和62年には古くなる硬貨がなく鋳潰す必要もなかったため、新規の製造が極端に減りました。
また、昭和天皇の在位60年記念硬貨のパッキング作業が62年にまで及び、造幣局が多忙を極めたのも1つの原因となっています。

ちなみに当時の50円玉もこの煽りを受け、記念硬貨用のセット分しか製造されなかったためプレミア対象となっています。
昭和62年の50円玉も、お手元にないか確認してみて下さい。

旧500円紙幣(岩倉具視)の価値・買取価格

旧500円札

旧500円札は昭和26年(1951年)に発行された【B号券(画像:左)】と、昭和44年(1969年)に発行された【C号券(画像:右)】の2種類があります。

昭和57年に先述の旧500円硬貨が誕生した事で需要が少なくなり、昭和60年(1985年)にC号券の製造終了、平成6年(1994年)に発行が停止されました。

その総数はB号券・C号券とも合わせて2億枚と言われ、以下のようなシリアル番号(画像の緑枠部分)でなければ、ほぼ買取は望めないとされています。

額面以上の価値が見込めるシリアル番号
  • 【A******A】のように同じアルファベットで挟まれている
  • 【NG******A】のように珍しいアルファベットが使われている
  • 【*122221*】【*800008*】のように数字が左右対称である
  • 【*111111*】【*123456*】のようにゾロ目・連番である
  • 【*000001*】のように初期に製造された番号である

これらのシリアル番号が見当たらなかったとしても、印刷のズレ、摩耗とは異なる擦れ、大きな余白、一部の太字、薄い文字など、いわゆるエラー印刷も高額な買取の対象です。

また、これらのプレミアとなる条件は旧500円札に限らず他の旧紙幣も同様です。
昔のお札はもちろん、夏目漱石の1,000円、新渡戸稲造の5,000円、1つ前の10,000円札などお持ちの方はぜひ確認してみて下さい。

希少なシリアル番号やエラー印刷だった場合、具体的にいくらの買取金額になるのか。
買取業者やお札の状態(劣化具合やエラー度合い)によりピンキリですが、旧500円札の場合は約2~5倍の価格で取引されている事が多いようです。

決して大きな金額とは言えませんが、どれが珍しいシリアル番号なのか、どれが希少なエラー印刷なのか判別する事は難しいかと思いますので、まずは1度どんな旧500円札でも査定へ出される事をお勧め致します。

豆知識【旧500円札は終戦の混乱で生まれた!?】

戦後、物資不足に伴う物価の高騰が相次ぎ極度のインフレが発生。
その防止策として旧日本円(戦前までに使われていた円)が廃止され、新らたな日本円(A号券)が発行されました。
しかしA号券は急拵えで粗悪なものが多く偽金も横行したため、すぐに新デザイン(B号券)が製造、その過程で「今まで存在しなかった500円札(B号券)も作ろう」と誕生したのが旧500円札でした。

100円札(聖徳太子)や10円札(和気清麻呂)など旧日本円の貨幣とほぼ同時代を生きた旧500円札。
もし500円札と一緒に旧日本円札が出て来たら、そのほとんどが高額買取の可能性を持っていますので、こちらも合わせての査定をお勧めします。

500円 記念硬貨の価値・買取価格

先述の旧500円玉・旧500円札に比べ、発行枚数が限られている事から500円以上の買取価格が期待できる記念硬貨ですが、その種類は数多くあるため、今回は500円という金額+1,000円以上の取引額に絞ってご紹介いたします。

記念硬貨(500円)買取価格相場
青函トンネル開通記念硬貨1,000円
瀬戸大橋開通記念硬貨1,000円
天皇陛下御即位記念硬貨1,000~1,300円
皇太子殿下御成婚記念硬貨1,000円
地方自治法施行60周年記念硬貨
※都道府県によって金額は変わります
1,000~1,700円
※プルーフ(特殊加工)硬貨の場合

特筆すべきは天皇陛下御即位記念硬貨と地方自治法施行60周年記念硬貨です。

まず天皇陛下御即位記念硬貨は、2019年の改元と共に徳仁親王(現在の皇太子)が新たな天皇として即位、これにより両陛下の即位記念硬貨を求める動きが予想され、記載の1,300円を上回る可能性が考えられます。

また地方自治法施行60周年記念硬貨ですが、こちらは各都道府県で金額が異なります。
現状ではデザインが坂本龍馬であることから、高知県の記念硬貨に人気が集まりその取引額も1,700円と高額になっています。

1点ご注意いただきたいのは、例えば600円で売れるはずの硬貨が100円の手数料で額面どおりとなってしまったり、金額によってはマイナスとなる場合もあることです。
買取業者を選定の際は手数料の有無にご注意ください。

豆知識【記念硬貨は何故つくられるの?】

青函トンネル開通や瀬戸大橋竣工など、記念硬貨がこうしたイベントごとに製造されるのは、1つは地方活性化また財務省の活性化の為と言えます。
例えば1964年のオリンピック東京大会では、1,000円硬貨が約400円の原価で製造され、オリンピック開催の資金源を担いました。

こうした金銭的な潤いの他には、日本の職人さんの技術向上・維持・伝承の為であるという意見もあります。
近年はカラー版をはじめ趣向を凝らしたものが増えつつあり、日本の匠の技術を後世へ残す意味で、記念硬貨は必要不可欠な存在となりました。

2020年の東京オリンピックで新たなコレクターが生まれ、記念硬貨への価値は上昇する事が予想されます。
記念硬貨をお持ちの方は、まずは買取専門業者へ相談してみてはいかがでしょうか。

旧貨幣・記念硬貨の売却を検討しているあなたへ

ここまで500円の旧貨幣・記念硬貨の価値、買取額に関してご紹介して来ましたが「手元にあってもどこで買い取って貰えば損がないのか分からない!」という方もいらっしゃるかと思います。

そこで、当サイトのトップページでは人気の大手買取専門業者3社を比較しました。
全く希少価値がないと思っていた旧貨幣に、予想以上の価値が付くケースも少なくありません。

  • どうせ額面以上の価値はないだろうと諦める前に
  • あのとき売っておけば良かったと後悔する前に

専門知識が豊富な査定員に鑑定して貰いましょう!

旧貨幣や記念硬貨、その買取額は時期だけではなく買取業者によっても差が生じます。
敢えて2社に査定を依頼し買取額を競わせ価格を上げる方法もありますのでご検討ください。

当サイトでご紹介の買取専門業者は全て手数料・キャンセル料無料ですので、満足いく査定額であれば引き渡し、期待どおりでなければキャンセルすればいいだけです。

どの業者があなたの旧貨幣・記念硬貨に高額な査定をしてくれるのか、トップページで徹底検証していますので、お持ちの旧貨幣・記念硬貨があれば是非ご参考ください。