江戸幕府は日本人が海外に渡航するのを禁止し、
海外との貿易を制限した鎖国という対策をとっていました。

日本が鎖国を実施した背景にはキリスト教の浸透を防ぎ、

キリシタンを消滅させるためとされておりますが、

アジア圏内で貿易利益を生み出していた日本とポルトガルを追い出すためのオランダによる策略とみている仮説もあります。

その仮説によるとオランダは江戸幕府にポルトガルの悪い噂を流し、

意図的に日本が鎖国するようにコントロールしていたことを示しております。

鎖国後の日本はオランダと中国のみ貿易を継続しており、
貿易を行う上で専用の長崎貿易銭という銭貨が作られました。

これから、長崎貿易銭について詳しくご紹介していきます。

長崎貿易銭とは

 長崎ハウステンボス

長崎貿易銭とは1659年(万治二年)に長崎で貿易の取引時に専用で使用するために造られた銭貨です。

主にオランダ貿易と中国貿易の決済時に使用したと言われており、
その時代の東南アジアに広く流通したと思われます。

現在の五円玉のような形状で、
中央には正方形の穴が開いている時代劇で良く見かける銭貨です。

素材は銅を用いており、
当時中国では銅産が不足しており上質な日本の銅銭は大変重宝されました。

また、ベトナムにも輸出されていた為、ベトナムの貨幣の単位である“ドン”は日本の銅銭が由来とされています。

長崎貿易銭はなぜ発行されたのか

当時の日本は鎖国を続けておりましたが、
オランダと中国のみ長崎の出島で貿易を行っておりました。

その際に貿易相手であるオランダと中国に貿易専用の決済として銅でできた銭を使用するよう、
要求されたために鋳造したのが長崎貿易銭です。

長崎貿易銭の鋳造を要求した背景には中国国内の銭貨不足があり、

そこに注目したオランダの商人が中国に銭貨を輸出し利益を獲得しようとしたのです。

長崎貿易銭の種類

有名なものは以下の8種類です。

種類刻印されている文字の書体
元豊通寳
(げんぽうつうほう
隷書体
行書体および篆書体
天聖元寳
(てんせいげんぽう
楷書体
祥符元寳
(しょうふげんぽう)
楷書体
嘉祐通寳
(かゆうつうほう)
楷書体
熈寧元寳
(きねいげんぽう)
楷書体および篆書体
紹聖元寳
(しょうせいげんぽう)
篆書体
治平元寳
(じへいげんぽう)
篆書体

直径は24mmほどと古寛永と同等でありますが、
厚さは古寛永よりも薄く、重量は3.0から3.7グラムほどです。

現在でも元豊通寳は多く発見されておりますが、熈寧元寳の楷書体と治平元寳は現存数が少なく希少価値があります。