みなさまのお家には古銭やコインが眠っていませんか。

また、知り合いから古銭や記念コインを譲り受けることがあるかもしれません。

古銭やコインを手に入れたら、まず保存方法を確認してください。

保存方法を知っているだけで、今後の査定額がぐんと上がり減額を避けられます。

正しい管理

瓶に入った紙幣
保存方法によっては古銭やコインの質を変化させますから、
適切に管理を行わなければ状態が変化して買取金額に差が生まれます。

ただでさえ古銭は製造から時間が経ち傷や汚れは付着している物なので、
これから再び保存方法を検討するなら正しい知識で管理を身につける意識が大切です。

貴金属にも共通する古銭の扱いですが、基本は酸素や水分に触れさせない条件が大切ですし、
基本さえ守る事が出来れば長期間安定した質を維持するのは可能です。

酸素は表面を酸化させますし金属の種類に限らず変化をもたらすので、
密閉性が高い容器の中に古銭を入れてから同じく脱酸素剤と保管しておけば安心です。

また、水分も酸化に影響する重大要素なので、
乾燥剤も保存方法に用いる事が出来ると更に状態を万全に保てる条件が整います。

これらの保存方法を採用する場合は最初にいくつかの古銭をテストして、
異常が発生しないかを確認出来ると安心です。

脱酸素剤や乾燥剤の類は中身が外に出ないのは大前提ですから、
丈夫なパッケージに含まれた製品を選ぶか強度テストを行い調べておけば万全です。

ケースに適した条件には十分に密閉度が高く酸素を通さない事や、
外部から液体が侵入しない状態だけではなくガスも遮断出来る性能であれば理想的です。

ガスは空気中に漂う性質がありますし酸素と共に移動を行いますから、
出来るだけ触れさせないのが重要で適度な換気を保管場所に行うのも必要な行動です。

適切な保存

箱に入っている古銭
適切な保存方法を知らず、汚れの付着を放置していると、
条件次第で急激な差が開き買取金額に大幅な減額を生じる可能性が上昇します。

最も差が開くのは数十年単位で先の事ですが、
周辺環境が汚染され高温多湿の中に保管されていれば、
短期間で変色を発生させる可能性はあります。

その為、直ぐに売却するつもりで放置を行うと、
知らぬ間に価値の大幅な減少が発生して売買段階で気が付く恐れが発生します。

減額の条件は引き取る業者が決めますから、具体的な金額は対象の商品と状態によりますが、
3割程度の価格減少は珍しくありませんし中には5割を切るケースもあります。

形状が把握出来る物ならば、買取を実現するのは難しくなく実際に値を付けて貰い売買契約を結べます。
保管方法を知り、適切に保管していれば価値が下がることを防げます。

きちんと管理することで、古銭の査定額はぐんと上がるのです。