江戸時代から明治初期にかけて藩札と呼ばれる通貨が、
日本で発行されていたのはご存知でしょうか?

“藩”とは薩摩藩や長州藩といった大名の領地を意味しており、
藩が発行した通貨の為藩札と呼ばれておりました。

発行した藩の領地内でのみ通用する基本通貨であり、
金貨・銀貨・銅貨といつで交換できる価値のある通貨として利用されていたようです。

発行された背景

江戸町並み
全国の藩は通貨不足を解消するため、幕府の許可を得て補完紙幣として藩札を発行しました。

藩の領地内のみと使用が限られているため、領内の通貨を不足させることを防ぐことが出来ます。

現代でいうと地域限定のクーポン券や商品券のようなもので、
地域の経済を活性化さる役割も担っておりました。

また、近隣の藩からの流入防止や藩の財政収入を補てんするといった利点もあります。

その他に、いくつか理由はありますが、一番の理由は特産品の専売制の為の資金調達です。

特産品の専売制は藩にとって重要な収入源であり、幕府の正規通貨を手に入れるための手段で大きな事業でした。

しかし、発行しすぎた藩はインフレになり藩財政が苦しい状況になり藩札を現金化出来なくなってしまうと、
紙切れ同然で価値がなくなってしまい庶民の不満が募ってしまいました。

現代のお札とも違い、容易に複製が出来たため偽札も多く流通したようです。

藩札の流通や仕組み

藩札の発行方法には二つの方法があります。

  • 藩が直接発行する場合
  • 藩内外の有力な商人が請け負って発行する場合

実際には藩が直接発行することが多く、商人が請け負うことはまれでした。

発行する機関の名称は藩により異なり、
札会所札方判書所など呼ばれていたようです。

基本的に藩札は領内でのみと使用地域が限られておりましたが、
藩に飛地がある場合は飛地専用のものも発行されておりました。

現代では経済を活性化しようと地域限定の商品券が発行されていますが、
その先駆けともいえるでしょう。

お金の歴史をたどっていくとその時代の経済状況が見えてきてとても興味深いですね。
歴史を紐解けば現代の経済状況をより良い方向に向かわせるヒントが隠れているかもしれません。