古銭の価値は発行数や発行された年代で、
価値が大きく変わってきます。

古銭が持つ、元々の紙幣価値は低いが流通が少ない場合、
希少価値がつくため値が高くつくのです。

そんな中、純金製の金貨は素材が持つ価値そのものが高く、
発行された記念のプレミアムもあり高値で買取をしてもらえます。

さらにデザインが優れたものが多いのでプレゼントとしても選ばれていますが、
投資目的で購入する方もいらっしゃいます。

金貨の種類

日本の金貨は額面が10万円、5万円、1万円と種類によって異なります。
それぞれの額面についてご紹介します。

10万円金貨

日本で発行されている額面10万円の金貨は2種類あります。

昭和天皇陛下御即位記念金貨
昭和天皇陛下御即位記念金貨は、
初めて日本で発行された記念金貨になります。
昭和61年と昭和62年に発行されています。
素材は純金で重量は20グラムです。
今上天皇御即位記念金貨
今上天皇御即位記念金貨は、平成2年に発行されており純金でできています。
重量は30グラムと、
昭和天皇陛下御即位記念と比べると10グラムも差があります。

純金として売却した場合

昭和天皇陛下御即位記念金貨と今上天皇御即位記念金貨は、
硬貨としての価値は同等ですが重量に差があるため、

今上天皇御即位記念金貨を金として売却した場合、
昭和天皇陛下御即位記念よりも高値で取引されます。

例えば、金の相場が1グラム4,500円だった場合、
同じ価値の硬貨で45,000円もの差が生じます。

もちろん、硬貨としての価値は変わらないので、
銀行で両替してしまうと10万円にしか換金されません。

金として売却すれば10万円以上の金額で取引されるので、
金相場で取引を行っている、店を調べるのが先決でしょう。

5万円金貨

和服結婚

太子殿下御成婚記念の5万円金貨は1993年9月9日に発行されました。

こちらの記念硬貨は皇太子である徳仁殿下と小和田家の長女である、
雅子様の御成婚を記念して造られたものです。

素材は純金製で、200万枚発行されています。

コインの表面には瑞鳥の鶴2羽砺波が描かれており、
裏面には菊の御紋章と皇太子殿下のお印の梓が刻印されております。

1万円金貨

一万円の記念硬貨は数種類あります。

平成天皇ご在位10年記念

今上天皇の御在位10年を祝して造幣局より作られた1万円金貨です。
鳳凰が描かれており、天皇家の紋章が刻印されているのが特徴です。
素材は24金で、直径28ミリ、重量は20グラムとなっております。
平成11年12月に200万枚発行されました。
買取業者や時期にもよりますが、買取査定額は約8万円です。
平成天皇ご在位20年記念時にも1万円の記念硬貨が作られました。

長野オリンピック冬季競技大会記念

1998年に開催された長野オリンピック冬季競技大会を記念して作られた1万円金貨です。

 図柄発行日
1回目ジャンプ競技平成9年2月
2回目フィギュアスケート平成9年8月
3回目スピードスケート平成10年2月

3回に分けて製造されており、それぞれ図柄が違います。

素材は24金で、直径26ミリ、重量は15.6グラムとなっております。

発行枚数は各回5.5万枚で、総数16.5万枚となります。

FIFAワールドカップ記念

『FIFA ワールドカップ大会』を祝して2002年に発行された金貨です。

この大会は日韓共同開催されたため、非常に話題になりました。

コインに描かれたのはFIFA ワールドカップ大会のエンブレムと桜と虹とサッカーボールです。

素材は24金で直径26ミリ、重量15.6グラムです。

平成14年5月8日に発行されました。

買取価格は約6万円です。