古銭と言えば江戸時代のお金が該当すると思いますが、
当時のお金の仕組みはどういったものだったのかご存知でしょうか?

今回は古銭を語るうえで重要な江戸時代のお金の仕組みについて解説してみました。

江戸時代のお金の制度とは

江戸の町並み

江戸時代のお金というのは「三貨制度」で成り立っていました。
具体的には金、銀、銅の三種類を使った貨幣を指しており、
徳川家康が全国の通貨をこの制度でまとめようと奮起していました。

そのときのお金の種類は、みなさんも良くご存じの大判小判や一分金などの金貨と、
豆板銀、丁銀などの銀貨がありました。

江戸時代のお金の製造

銀座

いまでいう造幣局のようなものが当時にもあり、
名称は”金座・銀座”と呼ばれていました。

金座は金貨をつくる造幣局で、
銀座は銀貨をつくる造幣局という具合です。

金座の場所は江戸と京都と静岡(当時の駿府)などにあり、
銀座は江戸と京都伏見、静岡(当時の駿府)などにありにありました。

もうなんとなく連想されている方もおられると思いますが
、現在の東京の銀座はその名からきています。

江戸時代のお金のレート

この時代のレートは現在でいう為替レートと同じで日々変動していました。
ですので、金銀銅の交換割合が日々かわるので、さぞ目まぐるしさを人々は感じていたのではないでしょうか。


当時の交換レート
■金貨(金貨は枚数で数える)■銀貨(重さで数える)
単位:両・分・朱単位:貫・匁・分
1朱×4枚⇒1分と交換10分⇒1匁と交換
1分×4枚⇒1両と交換10,000匁⇒1貫と交換

両替商が急成長

この時代は買うもので使うお金の種類が変わるという特殊なルールがありました。

つまり金貨で支払いするもの、銀貨で支払いするものという具合にわかれていたため、
両替をしてくれる両替商なる商売が急成長していきました。

のちに両替商は金銀銅の貨幣の交換に留まらず、
お客さんから預かったお金を別の人に貸し付けたり、
遠く離れている人に送金をするサービスを手掛けたりと、
いまでいう銀行の業務をおこなっていました。

古銭は歴史の写し鏡

いかがでしたでしょうか。

江戸時代のお金の仕組みをみて時代背景というものが、
手に取るようにわかっていただけたのではないでしょうか。

お金は時代を映す鏡のようなもので古銭を軸に歴史を紐解いていくと、
大変興味深い事実が浮かび上がってきます。

是非、江戸時代の通貨に限らずさまざまな時代の古銭、
世界中の古銭を中心に歴史を紐解いてみてはいかがでしょうか。